カロリーの北海道旅行がここにあるんだニャーン。
タイトルの所にいるのは登別あたりで撮影したカロリにゃん。

HOME
16a 16b 17a 17b 17c 17d 17e 18a 18b 18c

1月18日-B
〜あらすじ〜・・・171cmの積雪を記録した雪地獄、道東へたどりついたくま&カロリ。今日のメインイベントは紋別で流氷を見ることなのですエッヘン。




紋別市内で昼ご飯。
その昔、紋別にもちゃんと駅はあったのですが、残念ながら廃線になってしまいました。
だからなんだといわれたら困るわけですが。ごめんなさい。

i:さかなーさかなー。
熊:夜はかにだっていうのに昼もごちそうー。




ほっけ焼き定食。
会社で向かいの席に座っている新人くんが「カロリさん土産はほっけにしてください」と
言っていたのでほっけを食べてみた。あまり脂がのってなかったな。

熊:阿佐ヶ谷にもこんな店があればいいのに。
i:600円でこの量は多いな、げぷっ。




旧世代流氷観測船ガリンコ号
男のロマン、ドリルがついた船なのです。しかも赤い。

i:ドリル! ドリル!
熊:かっこいいですドリル!




新世代流氷観測船ガリンコ号II
ところがさすがに流氷シーズンにはまだまだ早すぎたようでした。
今日はクリオネ漁のために出航するようです。

Nicole:実はガリンコ号に乗るのはじめてなんだよね。
熊:これが北へにもでてきた流氷観測船!。
i:なんでも北へなんだな。



荒波を打ち砕くガリンコ号II
せっかくのドリルがだいなし。ぜひ流氷をくだいてほしかったです残念残念。

Nicole:うっぷ、気持ち悪い・・・。




ガリンコ号II乗船客ノート
昨日は海が大荒れだったため、今日がシーズン初出航日だったようす。

i:なんだそのきもいカロリにゃんは。
熊:クリオネにゃんです。




流氷もないのでのんびりクリオネ漁
バケツを海に投げ入れて引き上げるだけ。
まあ、所詮は貝か。

i:このまま横揺れで海に落ちたら死ぬかな・・・
熊:(そんな心配などかけらもないといわんばかりにはしゃぐくま)




おみやげにクリオネをいただきました。マジで!?
わはー

おじさん:冷蔵庫にいれとけば結構もつから
i:(えさはないのか・・・)
熊:くっ、くりおねですよー!!!
i:とりあえずクリオネールさんという名前にしよう。
熊:ぼくはちりりとかさららってなまえにします。




遠くを眺める荒鷲たん
坂口CEOだ!(プロレスネタ)

Nicole:うう・・・きもちわるい・・・
i:海沿いに暮らす人とは思えない酔いっぷりでしたね。
熊:つぎはオホーツクタワーにいくんですねわくわく。


>18日cへつづく