カロリーの北海道旅行がここにあるんだニャーン。
タイトルの所にいるのは登別あたりで撮影したカロリにゃん。

HOME
16a 16b 17a 17b 17c 17d 17e 18a 18b 18c 18d

1月18日-C
〜あらすじ〜・・・一行は紋別市からさらに東へ東へ、月は流れて東へ西へ。はにはに。いつになったらこの日記終わるんだ。




オホーツクタワーの写真が無かったのでホヤで。
さわりほうだいのホヤ。さわっても楽しくないこと楽しくないこと。
おみやげにはクリオネグミを買いました。くまは流氷飴。

熊:ホヤよりそのとなりのヒトデ。絶対毒ありますよ。
i:みんな生気がないな。




15時36分オホーツクタワー前。
すでに夕日ぎみですね。雪まみれの港も新鮮新鮮。

熊:クリオネールさんのために氷をみつけてきます。
i:もれもれも雪とかかきあつめよう。




ガリンコステーションとタワーを結ぶ電気自動車
はいいんだけどなんでビニールでしか覆われてないんだよ寒いよ。
はやく車に戻ってかえろー。

i:さむい・・・
熊:さむい・・・
Nicole:さむい・・・



紋別市内のスーパー。確かサティかなんかのジャスコ系列。
の屋上駐車場からの風景。街中に人がいないなあと思ったら
この中にいっぱいいるでやんの。どこの町もおんなじだね。

i:帰りの電車でたべるおやきを買っていこう。
熊:おやき・・・?
i:東京で言うとこの今川焼きだねこれ。おやきっていったら長野の食べ物だ。
熊:へぇーへぇーへぇー。




瓶詰妖精
サティで小さい瓶と大きい瓶を買い、小さい瓶のなかにクリオネールさんを、
小さい瓶と雪をまとめて大きな瓶にいれて保護。

i:車内暖かいから凄い勢いでとけていく!
熊:せんせいさーん!(;Д;)




さろまこ
夜の湖なんてこんなもんだ。




にこるせんせいの家のそば
もれとくまは観光だからいいものの、
地元民はほんとうんざりなんだろうなああはははは。

i:にこるせんせいの家にやらないかの人の本がある。
熊:感動します! すごいです!
Nicole:えへへ
*にこるせんせいはそういう筋の人ではありませんあしからず。


>18日dへつづく