カロリーの北海道旅行がここにあるんだニャーン。
タイトルの所にいるのは登別あたりで撮影したカロリにゃん。

HOME
16a 16b 17a 17b 17c 17d 17e 18a 18b 18c 18d 19a 19b 19c

1月19日-C
横殴りの雨にうちふるえながら今夜の宿にむかう二人。2日目のしょぼいビジネスホテルや残りの車内泊とはちがって、ここではゼイのカギリをツクシてみたんですヨ! おののけそして驚愕せよ内地人ども!




今夜のお宿、湯の川プリンスホテル渚亭
市電湯の川温泉駅から歩いて5〜10分。ただし土砂降りの中を歩くととても長く感じる。
ホテルの裏は津軽海峡です。

i:こっ、ここだくま! ようやくついたくま!!
熊:は、はやくはいりましょう!!



部屋からの風景。函館市外を向いています。
そしてこの写真ではわかりにくいものの、外は吹雪にかわっていました。
ふぶき、ふぶき、こおりのせかい

ホテルマン:姉さん事件です。今日は吹雪のため、函館山のロープーウェイも運休です。
i:夜景はお預けってことですな、今日はもうここでゆっくりしてよう。
熊:そうですね、だらだらしてましょう・・・ 函館の夜景は次の機会に。



お部屋のご紹介。
やけに狭い奥の小部屋。
おや? 右側に見えるそれは何?

i:にやにや。
熊:にやにやですね。



へ、へやに温泉がついている!!
うわあ勝ち組っぽい! 勝ち組っぽい! 

i:こんな贅沢したことないよ!
熊:部屋にいながらにして温泉にはいれるなんて・・・



オ夕食はちゃんちゃん焼きを中心とした神の料理
もちろん部屋出し。
さすが函館、イカが特においしいね。

i:普段からイカは好きなんだけどね。
熊:あああ、こんな贅沢がゆるされるんでしょうか・・・



クリオネールさんもなんだかうれしそうですね!
力尽きて沈んでいるわけではありません。

i:さあクリオネールさんは冷蔵庫でおやすみ。
熊:東京まで生きているといいですね。
i:不吉なことを言うな。



さっそく部屋の温泉にはいってみる
とうまんとナポリンを持ち込んでのんびり風呂。
窓を開けると函館の夜景が。

i:写真はないのですが、ここの男子露天風呂の眺めのよさは
異常であり最もダイナミックです。
夜空と津軽海峡と吹雪しか見えない大ぱのらま。
さすがのかろりといえどもこのロケーションではちっぽけに見えてしまうよまったく!
ここなら毎年来たいといえますほんとうに。

熊:ぼくはさっさとねますおやすみなさい。

>20日aへつづく