カロリーの小諸旅行がここにあるんだニャーン。
タイトルの所にいるのは・・・あれ?誰もいないぞ?

HOME
1a 1b 1c 1d 1e 2a 2b 2c


7月28日
いまさらながらこんにちは! 7月のカロリです! 世間様一般ではコミケの準備やらなんやらで死んでる頃合なのですがかろりさんはそれをしりめに 長野まで避暑してきます。避暑避暑。今年前半の疲れを一気にとるべく、一人で気兼ねないのんびり旅をするのですぅ〜




疲れが取れない早朝起き
先生始発ですよ始発。何がのんびりだ。
でも交通費は節約したいから〜
18きっぷだから〜
幸せには対価や代償がつきまとうから〜



一月前から計画していたのですが
天気はやや雨、やや曇り。
写真はたぶん山梨の山中です。
阿佐ヶ谷から中央本線を下りに下っていますよ。



まあすぐ晴れたけどな!
何時頃か忘れたけど小渕沢駅に到着。
ん、涼しい! さすが高地! 山地!
乗換えまで時間があるのでそのへんぶらぶらしますね。



小渕沢駅前
お〜、晴れてる晴れてる、ばかみたいに晴れてる。
空気もおいしい! さすが高地! 山地!
後ろにちょこっと見えてるのがなんとかアルプスですよ。
北か南か東かどれかわかんないですけど。



ここから先は小海線で
北に向かって長野入りをいたします。
本当は群馬の高崎を経由した方が早くつくんですけど、
こっちのほうが電車感たっぷりだし、
ローカル感どっぷりだし、
とにかくリゾーティカル(ひどい造語)なんですよ。



小渕沢土産もぐもぐ
もちはいいよね、おなかをこわさないから。



緑の中を走り抜けてく小海線
しかしこんな山中を走るのになぜ海?
まあいいや。いやーそれにしても目に優しい緑。



鉄オタ興奮ポイント
小海線はJRで最も標高の高い場所を走っています。
といっても別に空気が薄いわけでも下界を見下ろせるわけでもなく、
ただなんとなく「あー、高いな」と思えるだけのポイントです。

>1bへつづく